電子署名

Kens Estate Logo

紙の文書に代わる「電子文書」。信憑性や証明力を担保し、文書改ざんを防ぐため必要とされる「電子署名」。

近年、コロナ禍により在宅ワークが普及し、オンライン化・クラウド化が定着して契約書、同意書、請求書、申込書などといった書類をPDFでやり取りする機会が増えてきました。このような変化に伴なって、デジタル文書上で合意をかわす場合に電子署名を利用して契約を行うケースも増えました。ケンズエステイトでも契約に関する電子署名利用は過去2年で大幅に急増しました。

紙の文書は、印鑑や手書きのサインによって文書の内容を認めたという証明をするために利用しますが、デジタルの文章の場合は電子署名によってその正当性を保証します。さらに、文書全体を暗号化し内容を不正に改ざんされることを防ぎます。電子署名の法的効力は、時間がたっても署名が無効になることはありません。電子署名の関連制度は国ごとに異なりますが、実はほどんどの国が同じ基本原則を共有しています。

電子署名は、場所や時間を問わず世界中どこでも行うことができます。紙の利用、印刷代、郵送代などを削減しさらに保管スペースが不要であることなど多くのメリットがあります。また、電子契約はグローバルスタンダードになりつつあり、多言語に対応している電子契約システムも増えており今後さらに生活に浸透したデジタルツールとなってくるでしょう。

Kens Estate Logo